ホーム » 本について » 最弱球団 高橋ユニオンズ青春記

ジャンル

最弱球団 高橋ユニオンズ青春記

父親から聞かされていた、”そんな球団があった”レベルの知識だった。スタルヒンが所属した球団の物語。

パリーグが8球団だったこと、川崎にあったこと、大映永田ラッパのいい加減さ、そして、オーナの個人所有だったことなど、知らないことがいっぱい。佐々木信也が新人で大活躍したことなど、トンボユニオンズは名前貸しだったこと(ネーミングライツの走り)、最低勝率しばり(罰金があった)とか。

今であればもう少しなんとかなったのかなとも思うが、黎明期の混沌とした雰囲気が味わえる本。

著者が自分より10歳も若いのにも驚いた。 私も生まれる前に解散した球団なのに。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です