ホーム » コラム

コラム」カテゴリーアーカイブ

ジャンル

NonStopというOS

今 NonStopイノベーションという会社に勤めています。
昔 TandemといわれたシステムがNonStopという名前でHPEから販売されていますが、その技術支援が主力事業になっています。(Open系の構築も行っているので、双頭の鷲といえばカッコいいですが、こんな小さな会社なのに方針が絞り込めていないともいえます。)
長いこと、Open系のDBやHAの構築を生業にしてきたものとして、なぜShared NothingのTandemが生き残ってきたのかが不思議でした。
実際に入社して、SQLMXのエンジニアとしてNonStopに触れるようになり、理由が少し分かってきた気がします。

やはりよくできたOSであることが大きいです。
とても古いOSですが、いまだに斬新といえる設計思想で構築されているので色あせません。 自分はよく一周回って気が付けば最先端にいると言っています。

ハードの進歩によって単体性能を向上させてきたコンピュータですがそろそろ限界に達してきていて、HADOOPだとか分散型クラウドシステムだとか、 世をあげて分散処理に移行していますが、気が付けばみんなが目指す先にある姿と同じものを、すでに前世紀から動かしていたのがNonStopだと思います。

例えば、単体OS(例えばLinux)の場合、1,000接続ぐらいになってくると、Thunder Stormという現象が起きます。 休止しているプロセス群に接続依頼のイベント(実際にはSignal)が発生すると候補プロセスが一斉に目を覚ますためにプロセス起動の雪崩が起きて一瞬システムが止まることが起きます。
そうでなくても、通信はOSの管理下にあるので、必ずどこかのデーモンがネックになって性能の限界が発生します。
さらに、分散化を進めると、2Phase Commitに代表される”分散化”のコストが重たくなり、サーバを追加すると性能が劣化するという悲劇も普通にあります。
ハードを2倍にすると1.5倍ぐらい性能が出ればよしという世界です。

一方、NonStopでは、プロセスもファイルもすべてオブジェクトと考えられていて、そのオブジェクト間の通信(情報の受け渡し)でシステムを構築するという設計思想なので、どんなにサーバが増えようが、動きとしては同一なので性能はあまり変わりません。 その上、オブジェクトをミラー化すれば、障害にも強く止まらないシステムの一丁上がりとなります。

NonStopでは実際にはブレードですが個々のサーバをCPUといいます。そして、そのCPUの上に各オブジェクトを配置して、どこかのCPUが落ちても、ディスクが壊れても大丈夫なように設計・設定します。 各プロセスはプロセスペアを構成していて、概ね同じ情報を共有しているので、メインで動いているプロセスが落ちてしまってもバックアップのプロセスが処理を引き継ぎます。
そのため、CPUが1つ落ちてもそのまま業務が継続します。プロセスオブジェクトはCPU#2とCPU#3に両方にまたがっていて、CPU#2で動いていたプロセスが落ちたら、CPU#3にある同じプロセスオブジェクトを点灯するイメージです。 (実際には瞬時に切り替わります)

何がすごいって、OSの隅々まで分散を前提に作られていることで、こういった高可用性や分散処理については利用者は気にすることがない(というか少ない)ことで、全体を1つのサーバと考えて扱うことができます。 最近のPCではマルチコアで内部では複数のCPUが動いているということが当たり前になっていますが、かなりこれに近い感覚です。

まだまだ色々な魅力がありますが、ひとまずはこんなところで。

世界の岐路

ここ数日、主にUSAで起きていることはどちらに転ぶにしても世界歴史の分岐点になりそうだ。

トランプ側が軍を動かして勝利するにしても、ディープステート側の情報封鎖が成功するにしても、世界は今までとは違ったものになる。

DS側が勝利すれば(とは思えないし、思いたくもないが)、世界は中共もしくは同様の支配者による圧政が待っている。 現職の大統領の言論まで封鎖されるのだ。誰も本当のことを言えない社会がやってくる。

トランプが勝利すれば、世界の景色が一変する。 権力者やリーダーといった人たちが排除され、富と権力を不正と等価交換をした人々がその正体を暴かれて、追放される。

それにしても、考えられないほど膨大で組織ごと腐っている姿に唖然としている。 どれだけ多くの人と資金が投入されてきたのか。それほど中共に力があったのか、と思ったが多分それは違うのだろう。今の中共を育てたのはキッシンジャーを代表とするDSであったことを見ると、DS側のほうが主で、中共さえも道具だったのかも知れない。

しかし、トランプ人気の凄まじさ。 通常の不正では間に合わないために無理をしてボロを出し、次々と最終兵器・禁じ手を出させることになった。下品で何をするか分からないという言動とスタイルとは裏腹の堅実で適切な施策の数々。忍耐強く、結局4年で一度も戦争をしなかった平和的な大統領になった。

ガセかも知れないがローマ教皇逮捕という情報も流れた。
今の教皇は偽ペテロであり、教皇の系譜が終わることがマラキの予言にあったことを思い出した。

今は見えない第三次世界大戦の真っ只中という話もあったな。

Tumblrからも集約

ついでだったのでtumblrに作っていた読書日記もマージしました。
ちょっと、Secret Keyなどをコピーするまでに手間取りましたが、なんとか合流成功。 思ったり文字ばっかりだったので、すわイメージが欠落・・・と思ってオリジナルをみたら、文字だらけでした。

結局、個人のレンタルサーバに集約して、環境を整えるということになりそうです。

携帯 ⇒ アプリをつかってみる
iPad ⇒ iOSが古くてアプリが使えない けど Webで直接・・・

とまあ、結局解りやすい形にまとまりそうです。

携帯から投稿

PCから投稿するのがあるべき姿だと思うが、携帯から投稿出来ないのではgooから移した意味がない

という事でアプリをダウンロードして即投稿

過去の投稿をもってきました

goo が version up して、私のiPadからの投稿ができなくなったみたいなので、最近投稿もしてませんが、過去の投稿をこちらにもってきてみました。
参考にしたのは下です。(簡単だった・・・ バックアップ作るに時間が少しかかったけれど・・・)

そろそろ考えないといけないこと

限界

色々と年齢を重ねてくると出来なくなることが増えてくる
しかし、急に能力が劣化するといった顕著な衰えはまだ出ていない(と思う)
ただ、量が出せない
昔通りの計画やイメージで進めると、積み残しや切羽詰まったやっつけ仕事が増える
結果的に未着手や膨大なストックを抱えて呆然として時間だけが空転する悪循環となり、自らの残された時間の少なさに慄然とする

あれもこれもやりたいという欲も時間もなくなって、あれをするか、これをするかを決めないといけない

最近流行りの断捨離というのは、まず己の限界を知ることから始まるのかなと思う次第

時代をこえてシンクロする楽曲

iTunesに大量の楽曲を保管したこともありリストを愛用している。currentと名付けているPops系のリストでBob Dylanの Blowin’ in the Wind を聞いている時、杜甫の律詩 春望が思い浮かんだ。 国破れて山河ありの詩だ。
引き続き聞いていると次はCyndi LauperのGirls Just Want to Have Funがかかり、これは舟木一夫の高校三年生だなと思った。
時代も表現方法も(杜甫は知らんが)楽曲も異なるけれど同じテーマと感情を生むものだ。

IT系のブログをスタートします

今まで、メモ用にホームページを持っていたが、あまりに不安定だったので、サクラに統一した(そういえば、今使っているエディターもさくらが多いなぁ)。

毎日は難しいけど、週1回は登録するようにしたい。

最近、プロジェクトや勤務場所が変わった。
そのため、色々と振り返る時間があって、結構色々経験しているなぁと改めて思った。

そこから色々抽出できればと思います。

時間を巻き戻すと・・・
NonStop上のSQLMXのDB構築とチューニング
・Oracle Formsを使ったWebApp移行用インフラ構築と課題対応
・Linux上 PostgreSQLを使ったWebAppのインフラ対応(構築とチューニング)
・Windows上のSQLSERVERの構築とJP1とHulft設定
・Oracle9iから11への移行(IBM AIXからLinuxへのPC経由でのデータ・パラメータを含む全オブジェクトの移行)
・急な退職での失業保険経験
・アサイン担当リソースマネージャ(すこし GreenPlumも勉強)
・インフラ構築担当マネージャ(部下30名まで行きました・しにました)
・人材育成、設計方法論のコンサルタント
OracleDBを中心のデリバリエンジニア
・通信系研究所対応プリセールスリーダー
・OA系UNIXソリューション開発とC言語製品開発
・某社生産技術研究員(工場向けシステム開発)
PL/1でのプログラム開発(なぜか芸術家の支援も)
・某大学数学修士(標数2の代数群論・・・だったかな)、ついでに電算関連の講師(専門学校と大学学部向け)

色々やっているなぁ・・・ でも英語と人づきあいが下手だから・・・

天候不順

今日は暑いくらい
風が強くて自転車が進まずほとんど登り坂のギア
これで週明けは大寒波らしい
経済同様今年は大荒れ
天下大乱の予感

いよいよ丙申の年

月曜日から旧正月。 丙申。 壬申の乱ではないが、申年は荒れるらしい。

日銀がマイナス金利を設定して、”万全の”金融対策をうったはずが、下がったの長期金利だけで、株価が下がって、円高が進んでいる。 黒田バズーカ不発と言われているが、中共対禿鷹ファンドの元$攻防の最中で、対策を打っていなければ、どこまで円高がすすんだことか・・・。 そういうハナシは誰もしないね。

中国の軍制改革も、みんな習近平と瀋陽軍区の綱引きに注目しているみたいだが、それは目くらまし。
今までの軍区が陸軍主体で外国を引き込んで包囲殲滅という伝統の焦土戦術・祖国防衛戦の仕組みを、各方面軍に整理して、”打って出れる”ようにするということで、中共はやる気満々ということだ。

東部方面軍は台湾と日本が相手のようだから、これから目が離せない。
北部方面軍はロシア・北朝鮮が相手みたいだから、色々複雑。
南はASEAN諸国相手にスプラトリー、西はウイグル・トルコ・イスラムを殲滅せんとする。
たしか、いにしえの中華には四面楚歌というエピソードがあったと思うが、全世界を敵に回す気かね。 

元ドル相場も、最悪ハイパーインフレで元が紙切れになる可能性に禿鷹が群がり始めているのが現在の金融情勢。
リーマンショックを上回って、1929年の大恐慌を上回る可能性もあるらしい。 
とはいっても、落ち込むのは20~30%ぐらいなので、対応を間違えなければなんとかなるかも。
実際、1929年よりそのあとの対応を間違えたために、景気の底は1932年だったらしい。

まあ、日本だと不景気がやってくるかなレベルだが、中国は伝統の軍閥・内乱が勃発する危険性がちらほら。
本当に今年は歴史の転換点になりそう。
あ、中東のバトルロワイアル(イラン・サウジ・トルコ・イスラエル・・・)も目が離せない。
こちらは、エルサレムに第三神殿ができたら、世界が終る。
今のところは、ペルシャとアラブの宗教30年戦争の真っ最中で、まあなんとかなっているのかな・・・。

そうだ、よりによって、こんな時に、アメリカ大統領選が低レベルの大混戦。
誰が勝ってもアメリカは大統領による”破壊工作”、自爆テロと戦わないといけないかもしれない。
え、ブルームバーグがでてくるって・・・ 末期症状にみえるけど。

結局、不景気、供給過剰によるデフレの解決のために、戦乱がやってくるのかも。
どうして戦争になってしまったか分からない(ドイツのカイザーが悪いのだけど)第1次世界大戦型から、
いつか来た道、ウォール街がヒトラーを生んだ第2次世界大戦型の大戦がやってきそう。