ホーム » テクノロジーとお仕事

テクノロジーとお仕事」カテゴリーアーカイブ

ジャンル

NonStopというOS

今 NonStopイノベーションという会社に勤めています。
昔 TandemといわれたシステムがNonStopという名前でHPEから販売されていますが、その技術支援が主力事業になっています。(Open系の構築も行っているので、双頭の鷲といえばカッコいいですが、こんな小さな会社なのに方針が絞り込めていないともいえます。)
長いこと、Open系のDBやHAの構築を生業にしてきたものとして、なぜShared NothingのTandemが生き残ってきたのかが不思議でした。
実際に入社して、SQLMXのエンジニアとしてNonStopに触れるようになり、理由が少し分かってきた気がします。

やはりよくできたOSであることが大きいです。
とても古いOSですが、いまだに斬新といえる設計思想で構築されているので色あせません。 自分はよく一周回って気が付けば最先端にいると言っています。

ハードの進歩によって単体性能を向上させてきたコンピュータですがそろそろ限界に達してきていて、HADOOPだとか分散型クラウドシステムだとか、 世をあげて分散処理に移行していますが、気が付けばみんなが目指す先にある姿と同じものを、すでに前世紀から動かしていたのがNonStopだと思います。

例えば、単体OS(例えばLinux)の場合、1,000接続ぐらいになってくると、Thunder Stormという現象が起きます。 休止しているプロセス群に接続依頼のイベント(実際にはSignal)が発生すると候補プロセスが一斉に目を覚ますためにプロセス起動の雪崩が起きて一瞬システムが止まることが起きます。
そうでなくても、通信はOSの管理下にあるので、必ずどこかのデーモンがネックになって性能の限界が発生します。
さらに、分散化を進めると、2Phase Commitに代表される”分散化”のコストが重たくなり、サーバを追加すると性能が劣化するという悲劇も普通にあります。
ハードを2倍にすると1.5倍ぐらい性能が出ればよしという世界です。

一方、NonStopでは、プロセスもファイルもすべてオブジェクトと考えられていて、そのオブジェクト間の通信(情報の受け渡し)でシステムを構築するという設計思想なので、どんなにサーバが増えようが、動きとしては同一なので性能はあまり変わりません。 その上、オブジェクトをミラー化すれば、障害にも強く止まらないシステムの一丁上がりとなります。

NonStopでは実際にはブレードですが個々のサーバをCPUといいます。そして、そのCPUの上に各オブジェクトを配置して、どこかのCPUが落ちても、ディスクが壊れても大丈夫なように設計・設定します。 各プロセスはプロセスペアを構成していて、概ね同じ情報を共有しているので、メインで動いているプロセスが落ちてしまってもバックアップのプロセスが処理を引き継ぎます。
そのため、CPUが1つ落ちてもそのまま業務が継続します。プロセスオブジェクトはCPU#2とCPU#3に両方にまたがっていて、CPU#2で動いていたプロセスが落ちたら、CPU#3にある同じプロセスオブジェクトを点灯するイメージです。 (実際には瞬時に切り替わります)

何がすごいって、OSの隅々まで分散を前提に作られていることで、こういった高可用性や分散処理については利用者は気にすることがない(というか少ない)ことで、全体を1つのサーバと考えて扱うことができます。 最近のPCではマルチコアで内部では複数のCPUが動いているということが当たり前になっていますが、かなりこれに近い感覚です。

まだまだ色々な魅力がありますが、ひとまずはこんなところで。

PukiWikiは思ったより簡単

最近、使っていたプロバイダーが大トラブル(ディスクがとんだ?)で、
自分用の情報格納場所をどうしようかという問題を抱えていた。

まず1つの解決は、DropBoxにExcelで管理。
そもそもが、どんな本を持っているか、”ダブって”買わないように、簡単に見えるように、
Webを立ち上げようというのが動機だった。

で、ホームページビルダーを使って、Excelで管理しているデータを貼り付けて、
表の形でWeb化すれば、携帯でも確認できるぞ!
というのがそもそもの運用。
ところが、DropBoxがどこでも使えるということに気が付き、
色々のI/FでExcelが見れるということもわかった。

なら、直接ExcelをDropBoxでShareすればよくね? となりました。

とはいっても、色々の技術メモをDropBoxに入れるのは厳しいし、セキュリティ上DropBox自体が使えない場所もある。 検索も簡単にできないし。

で、プロバイダーを変えて、そこで情報をまとめようと考えた。
そこで、登場PukiWiki。
自分用のまとめにWikiを使おうと思ったけど、ハードルが高い気がしていた。
(ちなみに、さいきんまで、ぷくうぃき だと思っていた。 ぷきうぃき ですね・・・ ぷくぷく・・・)

で、さくらインターネットで、phpが使えることを確認

で、Pukiwikiを一式ダウンロードして、ローカルに展開。
まるごとディレクトリーごとサーバにFTPでUp。
で・・・ すぐ使えた。 v(^^) 

色々設定も必要ですが、

・管理者パスワードを設定

が重要で、逆にこれだけしてあれば、あとは簡単。
改行は末尾に~ を加える
タイトルは先頭に*
先頭にスペースを入れると 強調される。
—- で水平線
#counter でアクセス数が記録

管理者として、凍結、凍結解除 をすれば変更・非変更が設定可能
編集を実行、ちょっとのタグを覚えれば、Editorもついている。
PreViewで表示確認も可能
表とかも簡単に作れる
Amazonの画像・リンクも使える
・・・

とまあ、ちょっとのハードルを越えると簡単。

一番気に入っているのは、Editorの頭の方に追加・追加していくことで、
どんどんメモが延びていくつくり。
ちょっとしたノウハウを記述していくのにはよい。
ページの追加・リンクも簡単。

あとは、地道にデータをためていけるか、どんどん伸びていくノウハウページを
どこで分割、見やすくするかの判断かなと思う。

ということで、PukiWikiのユーザにここ数週間でなってしまいました。
#まだ、見た目の手直しができていないPukiWiki初心者

色々悩ましい

50を過ぎて、色々と情報を整理して、自分なりに発信することに挑戦している。
(これもその一環)

ところが、世の中便利になったもので、手段が色々あって、どう整理するのかで悩んでいる。

Twitterはまあ、気軽に書き込めるので良いけれど、微妙に短く、全部を俳句か短歌で紀行文を作るようなもので、微妙。文体を含めて、特殊技能が求められる。

Facebookはアカウントは作ったが、元々交友関係が面倒といったタイプの人間なので、休眠状態。
(いいねはどうも、クレージーけんバンドみたいで・・・)

ではブログとなると、また、色んなプラットフォームがあって、どこに何を書くのかが難しい。(使い勝手もバラバラ)
一応、gooブログがAllジャンル・だらだら記述、 Tumblrが読書記録にはしているが・・・。

ではというので、自前のHomePageを立ち上げてみたが、容量制限もあるから、そこには”まとめ”をのせる形にどうしてもなる。
現在無料のSitemixで広告なしバージョン分だけお金を払って使っていたら、ディスク障害が起こって、現在復旧中といった具合で、別のプロバイダーを検討中という状況。 色々と面倒。

一番の問題は、まとまる前の”グダグダ”レベルを、どうやって扱うのかといったこと。
単なるメモなんだけど、例えば、”キリスト教の本質は逆説にあり”といった話をどう膨らませるか。
手書きのメモレベルでストックするか・・・。

SimpleNoteやEvernoteといったメモ類を格納するサイト・クラウドもあるけれど、なんかしっくりこない。

携帯でどこからでもいつでも発信できる世の中になったけれど、ツールの選定・使い方がむずい。

postgresはすごい

最近postgresの支援をしている
フリーだけど商用に耐える品質
さらにソースがあるのが安心材料
ただ導入側はベンダーがいないのが不安だろうと思う
今トラブル中
自力で問題解決しないと・・・ とほほ

ORACLEについて

最近の生業はORACLEのエンジニアになりつつある。
まあ10年ぶりぐらいの現役復帰だから、色々と浦島太郎状態。
バージョンも9iから12cにまで変わっているから、新機能もたくさん。
久しぶりにマニュアルを読み込む日々です。

で、思ったのが、昔に比べて複雑になったなぁ~ということ。
知らない言葉や概念がたくさんでてきている。
その一方で、コアとなるデータベース部分はあまり変わっていない。
本堂は変わっていないが、あちらこちら建て増し建て増しを繰り返している感じ。
あれもこれものっけてしまえという感じかな。

そこでふと思ったのが、この業界に入るころのMainFrameと同じような状況になっているのかなと。
あの当時、IBMのエンジニアが、マニュアル数メータどころか、本箱数ラックあるという話だった。
まあ、何でもかんでもやらされたMainFrameだから、そうなったのかなと思う。
それで、複雑になるとできる人が限られてきて、パラダイムシフトによって、過去の遺物になると。
実際には、まだまだMainFrameもしぶといし、今でもエンジニアのニーズが高いのは知っているが、マイナーでニッチな分野になっている。
ORACLEもそうなっていくのかなと思う。
一番の理由は、今から一から勉強をするモチベーションをみんなが持ち得るかという疑問。
昔はマニュアル2~3冊を読み込めば専門家ですと言えたもんですよ。内緒ですが。

まあ、MainFrameにならうと、軽くて怪しげな代替えソリューションがフラフラと出てきて、段々ミッションクリティカルな分野まで進出してくるのかな。そこにはエンジニアの死屍累々ということにはなるだろうけど。

そういった、雰囲気が結構出てきた。
少しぐらいファジーでも、普通はちゃんと結果が出るならそれで良しというケースは多い。
もう少しORACLEをキャッチアップするつもりだが、新しいテクノロジーにも追いかけないといけないと思う今日この頃。

英語学習について

うちは外資系です。
みんなが思っているほど英語は必要ありません。
また、みんなが思っているほど英語がみんな出来るわけでもありません。

ただ、仕事によっては、電話会議なんかに参加することがあったりすると、本当に英語ができないというハンデを強く感じます。

それで、見栄ではありませんが、読みもしない英語の雑誌をとってみたり、KindleやiPadを大量の電子書籍であふれさせて、ところでいつ読むんだこれを という状況になります。(多分、買い物が代償行為になっているのだと思います。一種の過食症みたいなものかもしれない。)

当然、古今東西の英語学習本、ノウハウ本、単語集から文法書、気のきいた本であれば片っ端から購入して、積んどく本棚の肥やし状態。

そんな私が、最近いいなと思い始めているのが、音読です。

やはり、昔の人が言っている 素読百遍自ずと通る というのは本当らしく、少々怪しかろうが、声に出して本を読むのが一番みたい。

つらつらと考えますに、英語を学習する、使えるようになるというのは、頭の中に英語を使う自分を新たに育てるということに他ならないわけで、英語でものを考えない限り話すことなどそもそも出来るわけがない。
ところが、内向的、内省的な私は、実は内面的には相当なおしゃべりなのではと疑っている。
つまり、私の頭の中には饒舌ななんでもコメントしたがる、鍛え上げられた”日本語を操る”自分が居るわけで、いつまで経っても英語の回路が出来てこない。
英語で文章を組みたてようと頭の中に描いたイメージに英語をあてはめていく、というプロセスを経て、英文が出てくるはずですが、そこで英語を組み立てるまえに、情景の描写から、使用する単語にまで蘊蓄、コメントをしかねないおしゃべりな奴が住んでいるわけで、いつまでたっても英語力は鍛えられないということになります。(ちょっと走るとすぐ転んでしまう補助付き自転車みたいなものかな・・)

ところが、音読となると、目は英文を追い、耳は自分の怪しい英語を聞き、口は子音ばかりで攣りそうになりながら英語発音と格闘していて、更に優しい英文であれば、情景・状況を思い浮かべているわけで、初めて英語の世界で頭が支配されることになるわけです。極めて強力に日本語が頭の中からパージされる感じです。

また、素材を選べば正統派の英語文章のリズムに則って心地よく進められて、しかも文章が平易だったりするとわかって読んでいる感が自分を後押しするわけです。

似たもので映画を覚えましょうというのがありますが、あれよりも多分音読の方が自分にはあっている。
(のだめがぷりゴロタのアニメでフランス語を覚える設定になっている。私の知っている人はカサブランカで覚えたらしい)
そういえば、シュリーマンも音読方式で何ヶ国語も覚えたらしい。プラトンと話す自信があると言ったそうで、やはり、効果・効率は高いみたいだ。

どこまで、上達するかはわかりませぬが、音読が良いものだということが改めてわかった次第。
勿論、正しい発音やイントネーションを身につけるために、少し早目の正しい英語を聞き続けるというのも大切だと思うので、音読だけ というのではないですよ。
ただ、なんとなく、効率のよい正しいトレーニング方法がわかった気がするのです。

あとは、英語が使えるようになるだけさ・・・

業界の将来

これでも、この業界で30年近く生きて生きている(我ながらすごいな・・・)ので、IT業界の将来について、自分の行く先を含めて、思い悩むことがある。

実は、IT業界というのは、業界としてのくくりが大きすぎるような気がしている。
例えば、製造業でくくって、その将来を論ずるような感じだ。

はっきり言えば、いわゆるIT業界の未来は暗い。
新しい技術が次々と出てきて、多くの人員が次々に投入されて、拡大・右肩上がりのバラ色の未来というのは、90年代ぐらいの話かな。
今は、世間以上のハイパーデフレが進行していて、労働単価もどんどん下がる一方。ハイパーデフレの時代

みんなが漠然と考えているIT業界で元気なのは、AppleやAmazonといった、ITの周辺業界。
しかも、海外のベンダーで、日本にはこれといった商売が無い。

既存の業務・案件はどんどん人が減らされて、大変になるばかりで、どんどん労働環境は厳しくなるばかり。 心身のケアを考えるのがマネージャーの仕事だったりする。(そのマネージャーが危なかったりする)

ただ、この業界の新陳代謝の早さは今にはじまったものではないし、駄目なら新しい分野でチャレンジすればよい。新しい分野は誰もやっていないのだから、今までの経験だって少しは競争優位に立てる要因になるのでは、と淡い期待をもっている。
一番の財産は、何が起きても驚かない(もっとすごいことの経験がある)ことかな。
体力をはじめ色々と落ちてきてはいるが、実際には結構やれるもんだと思うよ。
将棋の世界でも、勝率ボロボロ、引退間近のベテラン棋士も、得意のパターンに持ち込んだり、ここ一番に臨むと、結構トップに勝ったりするわけで、やはり生き残っている奴は、何かを持っている。

と、自分を慰めているが、気持ちだけでも若ければ、今までとは違う土壌での戦いがはじまっているのだから、これからはとても面白い時代に突入したのだと、少しわくわくしてみる。

実際、不安だと思っているのは、”従来の尺度”で未来をみた場合で、全く前提・競争のルールが変わってしまうのだから、心配は杞憂になる可能性が高い。
だから、基本的に未来については、ポジティブに考えている。

ただ、繰り返しになるが、人月を投入して稼ぐようなVolumeビジネスの時代が終わったことだけは確かで、より”本物”が問われる、質の競争に入ったのだ。 だから、IT業界の未来が暗いというのは、多分あっていると思う。
ということで、広い意味でのIT業界、情報と知恵・ノウハウをシステムとつなげて生かす業界はこれからも安泰・拡大に向かっていると思うのだ。

みんなが”ここが伸びる”という業界に身を投ずれば、それなりにうまく行った時代は終わりを迎えて、これからは、”自分にとってどういう仕事か”を考えないといけない時代がやってきたということだ。 自分で考えて、自分で行動して、責任もとる者だけが生き残るのだ。昔から本当はそうだっただが。

立ってPCを操作する

どこかの記事で、立ってPCを操作するように環境構築をしていたのがあった。 それは、部屋の一角にモニターを2台並べて、デスクトップを床において、キーボード用の板だけが取り付けられている、おしゃれな空間だった。


そこまで立派ではないが、私もNetPCを自宅で使うときには、モニターと外付けキーボードを活用するように少しグレードアップしました。


ということで、なるべくブログやツイッターはこちらで入力するようにしましょう。


なぜか、私の場合は、CDのラックの上がモニターとキーボードが鎮座する場所になっていますが・・・・


 


CDのiTunesへの登録作業と本のAccessDBへの登録作業を継続しているので、通常のPC利用が宙に浮いているという背景もあります。


 

現代の伊能忠敬を目指して

最近みんな長生きになったので、昔の年齢を何割増しかにしないと間尺が合わなくなっています。 昔の60歳と今の72歳がいい勝負だから2割ましかな・・・。
いずれにしても、実年齢として伊能忠敬が隠居して測量の旅に出た歳が近づいています。
今までは、お店を広げるだけ広げてきたけれど、そろそろまとめを考えた方が良いかなと思い始める弱気な自分が頭をもたげています。
まあ、そんな私に喝を入れる本が、これです。

「1日30分」を続けなさい! (だいわ文庫 G 159-1)
古市 幸雄
大和書房

このアイテムの詳細を見る

本気で勉強してきましたか?
歳をとって物覚えが悪くなったというのは逃げではありませんか?
勉強の仕方を忘れたのではないですか?
1回で覚えられなくなったら、2回。2回で駄目なら3回。時間はかかるかも知れませんが、この歳だからというのはいいわけではないですか?

結局、沢山勉強する習慣をみにつけること。無駄な時間を削って、いかに効率よくトータルとして量を勉強できるか・・・なんですね。
途中で気がつきましたが、この人英語の学習方法でも参考にした人ですね。
記事はこれです

伊能忠敬ではありませんが、年齢に関係なく、勉強する習慣を身につけましょう。
幸いに後ろ指を指されるような無能な給料泥棒ではないと思うのですが、だからといって、今放り出されてすぐに仕事が見つかるほど力はないです。
幸いにも、今の会社では勉強をするチャンスが沢山あるので、時間もかけて資格取得をしたいと思います。 そうやって、難しい資格をこの歳で取得すれば、それだけで若手の良い刺激になるでしょう。 それに、少なくとも技術者として現役であることはとても大切なことです。
一流の技術者は年齢関係ないじゃないですか。 その代り、その分野ではその人ありというレベルまで達している人たちですよね。

あ~あ~、人生無駄に過ごしてきちゃったな・・・って思わないことですね。
”人生に無駄なことはなにもない”というのが、座右の銘ですから。
幸せなことだと思います。 また、その義務も使命もあると思います。
さあ、勉強を始めよう!

改めて厳しき年の瀬

外資系に勤めていると、期末というのは、さよならメールの季節。

Managerが大変なのは、数字を達成しなければいけないことでも、わけのわからない事をいう部下をなだめて・すかして・おだてて最低限の成果を出させることでもなく、ましては馬鹿な部下の信じられないミスで誠心誠意のお詫びをすることと根本的再発防止策を立てなければならないことでもないです。
業績に連動して決定されるHeadCountに基づいて、決められた数の部下に引導を渡して辞めてもらうことです。

ましてや、今のような不況のもと、年齢も高く、(当然報酬も高く)、スキルも特殊化していて今の社内ではそこそこ評価されるけれど、社外では無価値といった人には、”人生万事塞翁が馬、これをチャンスに新しいキャリアを”とは言えるものではない。

そう言っている、自分もまあ、7年ぐらい前にリストラされたし、逆にそうやって労働市場に出てきた人の採用活動もしたし、幸いほとんどなかったですが、辞めてもらったこともありました。
まあ、今の会社はプレッシャーがきつくて、DogYearとも言われているし、辞めていく人の方が元気+元々中途が多いので、切られる側もたくましいという特殊事情もありますけれど。

年々、歳を重ねるほどに、座れる椅子の数は減るし、自分の商品価値も目減りしていると思うし、他人事ではないけれど・・・