ホーム » 未分類 » 世界の岐路

ジャンル

世界の岐路

ここ数日、主にUSAで起きていることはどちらに転ぶにしても世界歴史の分岐点になりそうだ。

トランプ側が軍を動かして勝利するにしても、ディープステート側の情報封鎖が成功するにしても、世界は今までとは違ったものになる。

DS側が勝利すれば(とは思えないし、思いたくもないが)、世界は中共もしくは同様の支配者による圧政が待っている。 現職の大統領の言論まで封鎖されるのだ。誰も本当のことを言えない社会がやってくる。

トランプが勝利すれば、世界の景色が一変する。 権力者やリーダーといった人たちが排除され、富と権力を不正と等価交換をした人々がその正体を暴かれて、追放される。

それにしても、考えられないほど膨大で組織ごと腐っている姿に唖然としている。 どれだけ多くの人と資金が投入されてきたのか。それほど中共に力があったのか、と思ったが多分それは違うのだろう。今の中共を育てたのはキッシンジャーを代表とするDSであったことを見ると、DS側のほうが主で、中共さえも道具だったのかも知れない。

しかし、トランプ人気の凄まじさ。 通常の不正では間に合わないために無理をしてボロを出し、次々と最終兵器・禁じ手を出させることになった。下品で何をするか分からないという言動とスタイルとは裏腹の堅実で適切な施策の数々。忍耐強く、結局4年で一度も戦争をしなかった平和的な大統領になった。

ガセかも知れないがローマ教皇逮捕という情報も流れた。
今の教皇は偽ペテロであり、教皇の系譜が終わることがマラキの予言にあったことを思い出した。

今は見えない第三次世界大戦の真っ只中という話もあったな。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です